沖縄県の教員採用試験をめぐる口利き疑惑で、元副知事の安慶田(あげだ)光男氏と元県教育長の諸見里(もろみざと)明氏の双方が損害賠償を求めた訴訟で、那覇地裁は11日、安慶田氏に525万円の支払いを命じる判決を言い渡した。平山馨裁判長は「(安慶田氏による)口利きの事実は存在したと認められる」との判断を示した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます