広島の原爆で損傷した被爆ピアノの演奏会が12日、取手市立永山小学校で開かれた。被爆ピアノを復活させ、全国で演奏会を続ける広島市の調律師・矢川光則さん(66)が平和の尊さを伝え、全校児童約400人が、ピアノの音色とともに体育館いっぱいに元気な歌声を響かせた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます