日本郵政は、米保険大手アフラックグループに3000億円規模で出資する方針を固めた。将来は議決権の2割程度を握る筆頭株主になる見通し。日本郵政はかんぽ生命保険とゆうちょ銀行の保有株の売却を進めることになっており、アフラックを新たな収益源とする考え。アフラックも日本郵政の販路で基盤を強化する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます