体外受精させた受精卵のすべての染色体の数を調べる「着床前診断」(PGT―A)の臨床研究について、日本産科婦人科学会(日産婦)は16日、診断を受ける参加者の拡大を検討する方針を明らかにした。早ければ来春にも決める。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます