政府の検討会がまとめた外国人の受け入れ・共生策の全容が17日、公表された。多言語に対応する生活相談の窓口設置や災害時の情報提供、日本語教育の充実など内容は多岐にわたる。ただ、財政措置や準備状況の多くは「調整中」のまま。来春から始まる、外国人労働者の受け入れ拡大に併せて「共生社会」に向けた一歩が踏み…

無断転載・複製を禁じます