出版不況が続き、書籍も雑誌も総崩れのなか、唯一とも言える成長を続けるのが絵本などの児童書だ。読者の子どもは少子化で減少しているが、児童書を購入する親、祖父母世代の変化が好調を支えている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます