自分の体のことなのに、あまりにほったらかしだった……。編集者の女性は、自らを実験台に「ちつのトリセツ」(径〈こみち〉書房)という本をつくりました。自身の取扱説明書を持たない女性に、知識を持てば現実を変えられると呼びかけます。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます