街にイルミネーションがあふれる年末。ただ、東京都多摩市の京王線聖蹟桜ケ丘駅前の電飾はひと味違う。小学生たちが自ら発電した再生可能エネルギーを使い、1本の桜の木を彩る、ほんの小さなイルミネーションだ。そこには、将来のふるさとを思う子どもらの思いがこもっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます