中学、高校で吹奏楽部に所属し、青春時代を捧げたというタレントのつるの剛士さん。11月で解体のために閉鎖された「吹奏楽の聖地」普門館(東京都杉並区)では毎年、コンクールの手伝いをしていました。そのときかいだ「におい」や、仲間と過ごした日々を通じて培った経験や思い……。そんな「吹奏楽愛」を熱く語ってくれました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます