「究極の刑罰」を導いたのは、事件で失われた若い命の重さだった――。大阪府寝屋川市の中学1年の2人を殺害したと認定し、山田浩二被告(48)を死刑とした大阪地裁の裁判員裁判。裁判員を務めた人たちは「難しい判断だった」と振り返った。判決前、検察側主張を「立証できない」と批判していた被告側は控訴した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます