学校で生徒が突然、心停止で倒れたとき、周囲の人が胸を押す心臓マッサージなどの心肺蘇生をし、かつAED(自動体外式除細動器)を使うことで、後遺症がほぼなく生存できる確率が、どちらもしない場合の2・5倍高くなることが、大妻女子大の清原康介専任講師(公衆衛生学)らのチームの解析でわかった。どちらか一方だけでは十分な効果がなかった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます