来年4月末の天皇陛下の退位に伴い、様々な代替わりの儀式が予定されている中で、秋篠宮さまが、大嘗祭(だいじょうさい)への公費支出に疑問を投げかける発言をした。宗教色が強く、憲法が定める政教分離原則にそぐわないとの考えだ。そもそも多額の公費が投入される一連の儀式は、どんな根拠に基づいているのか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます