日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が「特別背任」で、みたび逮捕された。検察は役員報酬の虚偽記載を「本丸」と位置づけてきたが、裁判所までこれを「形式犯」ととらえて勾留延長を却下したと受け止め、戦線拡大に打って出た。日産は「会社が被害者」となる新展開を歓迎しつつ、急展開に動揺も隠せないで…

無断転載・複製を禁じます