高難度のジャンプだけが、フィギュアスケートのだいご味ではない。5年ぶりに全日本選手権の舞台に戻ってきた高橋大輔(関大ク)は、そのことを再認識させてくれた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます