iPS細胞からつくる角膜の細胞を患者に移植する大阪大のチームの臨床研究が26日、学内の委員会で了承された。今後、厚生労働省に申請し、同省の部会で了承されれば、実際に始められる。来年5~6月の手術をめざしているという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます