なぜ、いまなのか――。政府が26日に表明した国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退。鯨の国内消費が低迷する中、約30年ぶりに商業目的の捕鯨に踏み切る。捕鯨の拠点の地域から歓迎の声があがる一方、疑問や戸惑いは置き去りのままだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます