京都府警の元捜査1課長が書いた刑事小説が話題になっている。事件そのものはフィクションだが、捜査手法の細部は実体験にもとづく。本部と警察署の感情のもつれや取り調べでの容疑者との主導権争いなど、生々しい描写が続く。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます