山形県内は29日も、強い冬型の気圧配置による寒波の影響で大雪になった。大蔵村肘折の積雪は午前10時に全国で3番目に深い156センチになった。山形地方気象台によると午後6時時点の積雪は、新庄市で51センチ、米沢市で50センチ、山形市で37センチ。最低気温は東根市で零下7・2度だった。寒波は30日夕方まで続く見込みで、その後も来年1月2日まで雪が時折、降るという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます