中国の習近平(シーチンピン)国家主席は2日、将来の台湾統一に向けた方針について演説した。平和的な統一と台湾の現状を尊重する「一国二制度」の採用が最善としながらも、外国勢力による干渉や独立派の動きを警戒し、「武力の使用は放棄しない」と牽制(けんせい)した。一方で企業をはじめ台湾側が利益を得られる経済…

無断転載・複製を禁じます