2012年米大統領選で共和党候補としてオバマ前大統領と争い、18年の中間選挙でユタ州から上院議員に当選したミット・ロムニー元マサチューセッツ州知事(71)が、トランプ大統領を「資質不足」と批判した。トランプ氏に「もの言う」議員が共和党から消えゆく中、党重鎮で穏健派のロムニー氏が是々非々の立場を取ったことは、トランプ氏にとって新たな頭痛の種となりかねない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます