暗闇が燃え上がるかのように、3~4メートルの紅蓮(ぐれん)の炎が六つ。全長13メートル、重さ1200キロの大たいまつ6本に一斉に火がついた瞬間は、毎年見続けてきた私でも鳥肌が立ちます。1本のたいまつを50~60人の裸衆が支えて神殿を2周する。福岡県久留米市にある大善寺玉垂宮(だいぜんじたまたれぐう…

無断転載・複製を禁じます