仏紙リベラシオン(電子版)は9日、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)が、税法上の居住地を2012年にフランスからオランダへ移していたと報じた。フランスで課されていた富裕税の負担を逃れていたという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます