聴覚障害者に対する差別や偏見で、精神科病院に入院を迫られたとみられる人たちの存在が明らかになってきました。入院中の支えが乏しく孤立し、退院後の行き先も見つからず、人生の大半を病院で過ごした人もいます。専門家は、旧優生保護法の下で障害のある人が不妊手術を強いられた問題とのつながりも指摘します。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます