厚生労働省の「毎月勤労統計」の不適切調査について、根本匠厚労相は11日の閣議後記者会見で、「政策立案や学術研究、経営判断等の礎として正確性が求められる政府統計について、こうした事態を引き起こしたことは極めて遺憾であり、国民の皆様にご迷惑をおかけしたことを心からおわび申し上げます」と謝罪した。統計をもとに給付水準が決まる雇用保険と労災保険の給付額が本来より少なかった人には追加給付を行う方針も表明した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます