昨年11月19日の逮捕から50日超の身柄拘束を経て、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)が東京地検特捜部に追起訴された。世界的に注目された事件を通じ、日本の刑事司法を「閉鎖的」とする疑念が海外からつきつけられた。今後は、ゴーン前会長が保釈されるかどうかに注目が集まる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます