1949年1月26日、奈良県斑鳩(いかるが)町の法隆寺金堂は火災に見舞われ、仏教絵画の傑作とされる極彩色壁画の色彩が失われました。焼損した壁画の最適な保存環境などを最新科学で探る総合調査が、2015年から文化庁と朝日新聞社の協力で始まりました。その中間報告が火災から70年後にあたる今年1月27日にまとまる予定で、報告の内容を紹介するシンポジウム「法隆寺金堂壁画 未来へ」(法隆寺金堂壁画保存活用委員会、法隆寺、朝日新聞社主催)が2月23日、東京・有楽町の有楽町朝日ホールで開かれます。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます