2020年東京五輪・パラリンピック招致を巡り、フランス当局が招致委員会の理事長だった日本オリンピック委員会(JOC)・竹田恒和会長の訴追に向けた手続きに入ったと現地紙が報じた問題の焦点は、約2億3千万円の使途が贈賄なのか、コンサルタント料なのか、の認定だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます