役員報酬の過少記載などの罪で起訴された日産自動車前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)の関与が疑われる「報酬隠し」の舞台が、日産にとどまらず、仏ルノー、三菱自動車との3社連合に広がった。ゴーン前会長が非開示の報酬約10億円を受け取っていた日産と三菱自の統括会社は、ほとんど活動実態がなかったことも判明…

無断転載・複製を禁じます