桜島の大噴火で58人の犠牲者が出た「大正噴火」からちょうど105年となる12日、鹿児島市は、桜島の大規模噴火を想定した防災訓練を実施した。桜島の住民や消防など計約4700人が参加。住民約140人はフェリーに乗り、鹿児島港へと向かった。訓練は49回目。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます