前会長カルロス・ゴーン被告(64)が役員報酬の過少記載などの罪で起訴された日産自動車が、1億円以上の報酬を得た上場企業の役員の名前と金額を開示する制度が導入された2009年度に、数人の役員の報酬を1億円以上に増やしていたことがわかった。役員の報酬額を決める前提となる前年度の業績が悪化して赤字に転落していたのに、年間報酬が1億円を超えた役員の数は前年度より増えていた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます