病気などで入院、治療中の高校生に対する教育支援に、文部科学省が乗り出す。自治体によって対応に大きな差があるなか、ICT(情報通信技術)を使った病棟での遠隔授業などが広がることで、意欲があるのに退学や留年する生徒が減れば――。関係者は、そう期待する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます