「墓を継ぐ家族がいない」「管理が楽で費用も安い」――。多くの人たちの遺骨を一緒に埋葬する合葬墓が、大都市圏の公営墓地で広がっている。中には生前予約を求める住民が殺到するケースも。「多死社会」を迎え、弔いのかたちも変わりつつある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます