ファッションデザイナーの高田賢三さんが、韓国の生活用品の製造販売会社からデザインの提供と名前の使用を巡って詐欺容疑で告訴された問題で、高田さん側が14日、「KENZO」の商標権はモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVMH)グループの所有であることを相手側に伝えていたなどとして、「詐欺という扱いは到底受け入れられない」とする声明を発表した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます