野田佳彦前首相ら旧民進党系の無所属の衆院議員7人は16日、新たな会派「社会保障を立て直す国民会議」を結成した。野田氏は記者会見で「私の痛恨の極みは、自分の(2012年の衆院)解散で(自民)1強を作ってしまった。それを克服するのが私の役割だ」と野党結集を目指す考えを強調。「社会保障改革で政策提言し、立憲民主党や国民民主党に呼び掛けたい」と述べた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます