近年の美術展は作品名はもちろん、作家情報や制作の背景まで、情報量たっぷりの親切展示が主流だ。大型展では音声ガイドも定番。一方で、そうした潮流とはひと味違う寡黙な展示も現れてきた。鑑賞法の問い直しの背景に、表現や社会の変化も潜んでいる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます