フランスのマクロン大統領は15日、ジレジョーヌ(黄色いベスト)運動で表明された政府への不満を受けて、「大討論」と銘打った地方首長との対話集会を始めた。集会は2カ月間にわたって仏各地で開かれ、3月からは抽選で選ばれた市民も参加する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます