自宅の庭の落ち葉に、隣家のイチョウが交じっている。昨年12月の夕暮れのころ。東京都練馬区の高橋黎子さん(76)は思わず、ほうきの手をとめた。なぜか、いつにもまして、女子高時代の出来事が頭に浮かび、胸に迫ってきた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます