大阪市営地下鉄(現・大阪メトロ)の50代の男性運転士2人が、ひげを理由に人事評価を下げられたのは人格権を保障した憲法に違反するとして、市に1人200万円の賠償などを求めた訴訟の判決が16日、大阪地裁であり、内藤裕之裁判長は市に慰謝料など計44万円の支払いを命じた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます