阪神大震災で犠牲になった加藤はるかさん(当時11)の自宅跡に咲き、復興と鎮魂のシンボルとして全国に広まった「はるかのひまわり」。加藤はるかさんの姉、菊地いつかさん(39)は、16日の「歌会始の儀」で天皇陛下がこのヒマワリを題材に歌を詠んだことに「震災を忘れず寄り添っていただいているお心に触れ、改めて命の大切さを伝えるためにも、ヒマワリをたくさんの人に手渡していきたいと思う」と気持ちを新たにした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます