発生から24年となった阪神・淡路大震災。神戸市中央区の東遊園地で17日朝にあった阪神・淡路大震災の追悼行事で、遺族代表として追悼の言葉を述べた神戸市長田区の柴田大輔さん(31)は24年前、弟の宏亮(ひろあき)ちゃん(当時3)と知幸(ともゆき)ちゃん(同1)を亡くした。倒壊した自宅が炎に包まれた。「自衛隊に掘り出された弟たちの姿を目にした時は、気が動転して何が何だか分かりませんでした」…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます