東海地方でインフルエンザが猛威を振るっている。国立感染症研究所が発表した定点調査で、医療機関あたりの患者報告数は、都道府県別で愛知県が全国最多、岐阜県が3番目に多かった。専門家らは手洗いや人混みを避けるなどの感染予防を呼びかけている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます