米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐり、埋め立ての賛否を問う県民投票(2月24日投開票)について、うるま市の島袋(しまぶく)俊夫市長は18日、実施しないと改めて表明した。賛否2択を4択にするよう県に求めたが、変更しないとの回答があったため、最終判断した。これで5市の不参加がほぼ確定した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます