卓球の全日本選手権は20日、大阪市のインテックアリーナ大阪で女子シングルス準決勝があり、2連覇を目指す18歳の高校3年生の伊藤美誠(スターツ)が、同学年で初の4強入りを果たした早田ひな(日本生命)を4―0で破り、決勝進出を決めた。伊藤は午後3時開始予定の14歳の木原美悠(日本生命)との決勝で、女子では史上初となる2年連続のダブルス、混合ダブルスとの3冠を目指す。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます