米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐり、埋め立ての賛否を問う県民投票に沖縄市など5市長が参加しないと表明していることについて、立憲民主党の枝野幸男代表は20日、対抗手段として「(市長の)リコールと損害賠償請求訴訟の提起という二つがある」との考えを示した。訪問先の那覇市で記者団に語った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます