ネット上で事業資金などを募るソーシャルレンディング(SL)業者らを相手どり、個人投資家45人が21日、計2億7千万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。ウソの説明で投資を勧誘され、損害を被ったとしている。原告代理人の鈴木英司弁護士によると、SL業者への賠償請求訴訟では原告数、請求額ともに最大だという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます