イノシシやシカを自動で追い払うロボット、捕獲状況を監視するAI(人工知能)のわな――。地方の獣害対策に最新の技術が活躍している。高齢化が進む狩猟者らの負担を減らし、農作物を守ろうと、自治体や農協などで導入が広がっている。多知川節子…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます