南米大陸最高峰アコンカグア(標高6961メートル)の登頂とスキー滑降を目指していたプロスキーヤー三浦雄一郎さん(86)が現地時間の20日、登頂を断念し、下山した。ドクターストップをしたのは、エベレスト遠征でも同行した医師。標高6千メートルに入ってからの三浦さんの変化を見逃さなかった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます