広島県三次(みよし)市で、伝統工芸「三次人形」の絵付け作業が最盛期を迎えている。6代目窯元の丸本●(●はたかし 「土」の下に「土」を2つ並べる)さん(74)の工房では、江戸時代から続く技で彩色を施す作業が続いている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます