まっすぐで太さ1センチくらいの枝を木の板に押しつけ両手に挟んできりもみし続けていると、焦げ臭いにおいがしてきて煙が立ちのぼります。やがて黒い粉が擦り出てきて、中に赤いものがぽっと見えてくる。火種です。それを麻の繊維でくるんで振り回すと、炎になります。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます