月組の美弥(みや)るりかが、艶美(えんび)な身のこなしで、愛の物語へと観客を誘った。10~24日に宝塚バウホールで上演されたミュージカル「アンナ・カレーニナ」。貴族社会のしがらみに翻弄(ほんろう)されつつも、既婚女性への愛を貫こうともがく青年貴族将校を演じた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます